プロミスの返済を口座振替でするには

 

プロミスにお金を返す場合、方法はいくつかあります。
口座振替、ATM返済、ネットバンキング返済などです。
契約時に選ぶことができますし、途中で変更することも可能です。

 

口座振替の場合は、カードを発行するかしないかを選ぶことができます。
カードを発行する場合は、郵送かお近くの自動契約機で発行してもらうことになります。
郵送を選んでもプライバシーに配慮してくれ、「事務センター」という差出人で送られてくるので、開封しない限り家族や同居人にばれることはありません。

 

申込み後、途中で口座振替に変更したい場合でも、インターネットから変更することができます。
会員ページにログインし、ご返済の項目を選び、口フリ(口座振替)を選びます。
口座引き落としに用いる銀行を選び、銀行のネットバンキングのページで必要事項を入力します。
再びプロミスの画面に戻って、申込み完了の画面が出れば手続き終了です。

 

口座振替のメリットは

 

返済を口座振替でする最大のメリットは、支払い忘れを防ぐことができるという点です。
口座にお金があれば自動的に返済してくれるので助かります。
また、直接ATMに行く手間も省けるので忙しい人にとっては便利な方法です。
手数料無料なのも、余計な出費が増えないので助かります。

 

デメリットは、当たり前ですが口座にお金が入っていないと振替ができないので延滞となってしまうので注意が必要です。

 

プロミスの返済口座を登録する時の注意点

 

プロミスを始め消費者金融は、基本的に口座振替の手続きをしない限り、振込返済やATM返済になります。
それで口座振替を利用する場合には、事前に申し込みをしておく必要があります。
プロミスの場合は契約時にATMか口座振替(口フリ)か返済方法を選ぶことができます。

 

契約時にはATMでの支払いを選んだけど、口フリに変更したいという場合には、インターネットで変更を行えます。
プロミスの会員サービスの「ご返済」の所から口フリ(口座振替)を選びます。
次に銀行を選択します。

 

プロミスではインターネットバンキングも利用できます。
必要事項を記入し、「収納企業に戻る」をクリックしてプロミスのサイトに戻ります。
最後に次回の返済期日と引落開始日を確認して、次回から口座振替が可能かどうかをチェックします。

 

申し込みのタイミングによって、次回の返済からの口座振替が間に合わず、他の返済方法を利用しなければならないこともありますので中止しましょう。

 

口座振替での他の注意点

 

口座振替は自動で引き落とされて、手数料も無料なのでとても便利ですが、気を付けるべき点もあります。
それは、引落先の口座の残高不足です。
給料などの定期的な入金があれば不足することはまずないかもしれませんが、そうでない人はまめにチェックして少なくとも引き落としの前日には必要額があるかどうかを見ておいたほうが良いでしょう。

 

また、口座振替はほかの返済方法と違い、実際に引き落としが行われたとしても、すぐには借入残高への反映が行われない場合がありますので注意しましょう。

 

プロミスの返済をATMで行う時のポイントは?

 

プロミスなどの消費者金融で借り入れするときに軽視されがちなのが、返済時の手数料です。困ったと時にプロミスで融資を受けられると、当面の問題が解決されたように感じて、少額の出費には無頓着になりがちですが、計算して出た答えを見ると考え方が変わるかもしれません。

 

早速やってみましょう。まずは気軽に利用することのできるATMについて調べてみましょう。

 

三井住友銀行のATMは利用手数料無料ですが、提携ATM利用時は手数料が発生します。
利用額が1万円以下の場合は手数料は100円で、利用額が1万円超の場合は200円の手数料が取られてしまいます。

 

仮にプロミスで30万円の借り入れをして30回の分割払いで支払うとして、すべて提携ATMで支払うとすると30回×200円で6,000円になります。

 

6000円となると色々なことができる…。と思われるかもしれません。
一回一回の金額は大したことはないかもしれませんが、合計額で見てみると考えさせられる金額になるのです。
でも提携ATM利用は便利なので出来れば使いたい!という場合はどうしたら良いでしょうか?
コンビニにあるメディア端末を利用すると節約できます。

 

コンビニのメディア端末とは?

 

コンビニでメディア端末なんて見たことがない、と思われるかもしれません。
確かにどのコンビニにもあるわけではありません。
ローソンのLoppiやファミリーマートのFamiポートなどがいわゆるメディア端末と言われるものです。

 

これらを利用して返済をすると手数料無料で返済を行うことができます。
また、この端末は24時間利用することができるので返済する時間をあまり気にしなくてよくなるかもしれません。

 

使用方法はどのようなものでしょうか?メディア端末の画面で該当するサービスをタッチして、カードを挿入し、画面の案内に従って進めていくと、レジで支払うための申込券が発行されます。これを持ってレジで支払いをすると、支払い明細を受け取り終了です。